薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

MENU

いい求人案件をもらえるコツ&いい担当が付くコツ

 

いい求人案件がもらえたり、いい担当がつくにはコツがあります。
このコツを無視するといい求人案件が回ってきませんし
いい担当が付かず、新人に振られたりします。
この情報は元転職サイト運営会社で薬剤師のコンサルタントをしていた
人から聞いたので間違いない情報です。
コツはただ1つ!!! 転職時期は【いい求人があればすぐ】を選べ!
理由を説明していきます。
そもそも転職サイトの収益は登録者が転職したら収入が入ります。
ということは、今すぐ転職したい人がターゲットであります。
今すぐ、就職したい人は他の転職サイトに取られたくないので
い い求人や非公開などその会社の高級情報をどんどん出してきてくれます。
すぐに転職しない半年後や1年後、とりあえず情報収集だけの客は後回しになるのです。
そのうえ、新人の教育に使われたり、案件があまり取れない担当に振られたりします。

 

なので、すぐに就職、転職する気がなくても
転職時期は【いい求人があればすぐ】を選ぶことをおすすめします。
いい求人があればすぐを選んでもすぐに就職・転職する必要はありません。
もっと見てみたいとかここは給料がとか、場所がといえばOKです。
ほんとにいい求人があったら、応募すればいいし
タイミングがまだ先なら一回断って、タイミングが来た時に
前回紹介していただいたこれですが、あれからずっと 気になっていてと
切り出せばOKみたいです。
これは、転職業界ではごくごく当たり前のことみたいです。
自分の将来のために転職サイトをどんどん活用していきましょう!!!
最低2つ、できれば3つの転職サイトに登録する
自分にあった求人が見つかる可能性がかなり上がるみたいですよ!

 

薬剤師転職サイト おすすめランキング

 

リクナビ薬剤師
薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

薬剤師転職サイト認知後No.1
・非公開の高条件求人多数!
とにかく、求人が多い!
・高額給与/駅チカ/ブランクあり/子育て中/派遣/パート/アルバイトなんでもある
・毎日30件以上の求人を紹介可能。最短3日で転職可能
・働きながら転職出来るよう万全のサポートあり

 

※詳細はこちら>>

対応営利 全国 求人数 35000件以上
非公開求人 全体の75% 求人職種 調剤薬局、OTC・ドラッグストア、病院、企業
雇用形態 正社員、アルバイト、その他 利用料 無料

 

→ リクナビ薬剤師の求人案件ページはこちらからどうぞ!

 

 

ジョブデポ薬剤師

薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

・入職決定で最大40万円の祝い金が貰える!
・総求人数3万件以上
・登録者数2万人以上
・薬剤師だけでなく医療全般に特化した転職サイト
・他の転職サイトから勧められた求人をジョブデポから面接し決まればお祝い金がもらえる!

 

※詳細はこちら>>

対応営利 全国 求人数 32000件以上
非公開求人 - 求人職種 調剤薬局、OTC・ドラッグストア、病院
雇用形態 正社員、常勤、非常勤、アルバイト 利用料 無料

 

→ ジョブデポ薬剤師の求人案件ページはこちらからどうぞ!

 

 

ファルマスタッフ薬剤師

薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

・公開求人数6万件以上
・登録するだけで保険調剤テキストプレゼントあり
・高額求人が多数あり
・転職後のミスマッチを防ぐ、職場環境のリサーチ
・派遣の案件も多数あり
・安心の面接同行サービスあり
・全国15拠点!北海道〜沖縄まで全てカバー

※詳細はこちら>>

対応営利 全国 求人数 60000件以上
非公開求人 - 求人職種 調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業、その他
雇用形態 正社員、派遣社員、パート・アルバイト、その他 利用料 無料

 

→ ファルマスタッフの求人案件ページはこちらからどうぞ!

 

 

希望通りの転職できた理由は

 

上記3社の転職サイトに登録したからです。

 

1社ではなかなか自分と合うコンサルタントを見つけることが出来ません。

 

仮に見つかったとしても希望の職場に強いコンサルタントじゃない可能性もあります。

 

1回きりのチャンスに最高の状態で挑みたいですよね?

 

たった3分のことであなたの転職活動が劇的に変わります!断言出来ます!

 

複数登録して下記3項目にあった転職サイトを選びましょう!

コンサルタントが希望の職場の人事と頻繁に連絡を取っているか
希望の職場の面接でのポイントを抑えているか
履歴書・職務経歴書に的確にアドバイスしてくるか

あなたの担当コンサルタントにこの3点が当てはまってるか見極めて転職サイト1社に絞りましょう。

 

転職成功率がグンッと上がります!!!

 

非公開求人の年収や福利厚生がアツイ!

非公開求人は、年収が高い求人がけっこう多いことで有名です。
当然、給料の高い人材募集案件である場合にも一般向けに開示されているケースはありますが、そういったケースはめずらしく、条件が良ければ良いほど、求人を非公開に限定しており、薬剤師転職サイトを統括している会社に、雇用主と求職者の両者の条件を満たす人材のみを紹介するスタイルを採用しています。

非公開求人は企業によって異なる!

この非公開求人を1社でも多く知るためには、どう行動したら良いと思いますか?
どの薬剤師転職サイトも同じの非公開求人案件を保持しているということはありません。

 

更に多くの非公開求人を把握するために2カ所以上の薬剤師転職サービスを利用することをオススメします。そうすることにより、その中の一つでしか扱いのなかった非公開求人をすんなりと把握することが可能で、豊富な条件の良い求人の内から応募先に決めることが可能です。しかしながら、一気にあまりにもたくさんの薬剤師転職サイトに登録を行なってしまうと、面接スケジュールのバッティングあるいはあなた自身が面接に向けての準備が困難になってしまうこともあるので、転職活動に充てられる時間や生活のサイクルなどを踏まえたうえで、初めは支障なく対応することが出来る2〜3社に絞り、ゆとりがあれば追加で登録をすることをおすすめします。

 









































登録者だけが見れる求人案件を手に入れるには、薬剤師用転職サイトを使うという方法があります。求人を望む企業などから広告費をもらい営まれていますから、見る人はタダでチェックできるから魅力です。転職する、しないにかかわらず、まずどんな感じか知りたいと、求人サイトに話を持ちかける薬剤師の方は少ないというわけではないそうですから、今から転職サイトの専任コンサルタントにコンタクトしてみてもいいかもしれませんね。薬剤師関連のアルバイトの内容には、薬歴管理と言われるものがありますね。薬とかアレルギーなどの薬歴データを参考にして、専門家の立場で指導などを行うという業務内容になります。単発の仕事だけでなく、アルバイト専門の薬剤師求人サイトといったものなど、大別した薬剤師職の求人案件だけではなく、パートやアルバイト専門の求人サイトが目立ってきたのではないでしょうか。比較的短い時間でお金を稼ぐことが可能な薬剤師のアルバイトというのは、時給の良いところが魅力だと思います。ネットで安心して働くことができそうな素晴らしいアルバイトを探し出すことができました。これからもう一度、仕事をしてみたい、とは思っても、正規の社員になって働いていくことはできない。そういった方にピッタリの仕事が、パートOKの薬剤師と言えるでしょう。現在の勤務先より更に良い待遇で、年収も高くして勤務に就きたいというような薬剤師さんも年々数を増していて、転職を決行し望んでいたように首尾よく運んだ方も結構いるようです。薬剤師の勤務先としては、各病院、調剤薬局とかドラッグストアでの勤務、製薬会社という場所などが主に該当します。それぞれの年収相場というものも違うものですし、地域や場所によっても違うのです。「薬剤師としてのキャリアはとても長い」ということのみを理由にして、転職をきっかけに年収を多くしていきたいというなら、今の仕事先でさらに努力をしていくのが賢明です。結婚そして育児というようないろいろな理由を元に、仕事をやめていく人も多く見られますが、そんな方が薬剤師として復職するのなら、パートという雇用形態は大変有難いものです。薬剤師を専門とした求人サイトの3〜4社程度の会員にまずなって、いろんな求人案件を比較してください。比較などしていくと、好ましい案件を絞り込むことが可能でしょう。不況の今この時代でも結構良いお給料の職業とされていて、どんなときでも求人のある、思わず夢見る薬剤師の年収なのですが、2013年の平均年収でいえば、およそ500万円〜600万円前後と見られます。世の中の薬剤師免許を得ている多くの方たちが、出産を経験してから薬剤師資格を武器にして、アルバイトとして働いて家計の足しにしているようです。条件や待遇の良い薬剤師の求人の数が増えるということが、1月以降顕著です。希望に見合った求人を探し当てるためには、先を行く転職活動を始めることが大切といえます。時間をかけて物にした知識或いは技能を無駄にすることなく、転職したとしても薬剤師が保持している資格を活用し役立てられるように、勤務条件を改良、改善していくことがクリアすべき課題です。世間の薬剤師の資格というものを持つたくさんの女性が、出産後も薬剤師の資格があることを活かし、アルバイトとして働いて家計の足しにしています。それなりのレベルの給与や仕事内容である求人先を一人で探し出してくるのは、どんどん難しいものとなっています。薬剤師として転職希望するならば、ぜひ転職支援サイトなどを、尻込みせずに活用しましょう。求人数は多数あるので、1サイトだけで薬剤師に関わる求人案件を全部掌握できることはあるはずがありません。様々な求人サイトに登録しておくことで、より早くあなたにふさわしい転職先を選び出せる可能性もより高くなるようです。病院などの場合、夜中でも薬剤師も不可欠になるようです。一方、救急医療センターといったところでも、深夜のアルバイト薬剤師を募っているとのことです。転職サイトの専門アドバイザーは、業界に精通したことから、面接のセッティングはもちろん、必要とあれば薬剤師の悩みの相談にも乗ってくれるケースもあると聞きます。とにかく時給がいいのが、薬剤師アルバイトのおススメ点。アルバイトなのに、雑務だけじゃなくて、社員さんたちと一緒の仕事にあたるのが普通で、技術や知識を身に付けることが望めるアルバイトではないでしょうか。転職する、しないにかかわらず、単純に相談目的で、求人サイトにコンタクトする薬剤師さんも目立っているそうです。転職を望んでいる人は転職専門サイトのスタッフを見つけて連絡しましょう。薬剤師の案件満載の転職サイトの会員には、専門のコーディネーターが、未公開求人を含む膨大な数の求人を検索して、希望通りの求人を見つけ出して推奨してくれると思います。総じて、薬剤師という職業では年収の平均は、500万円程度という話なので、薬剤師としての専門的なキャリアが積み重なれば、高給も夢ではないというようなことも予想できます。現代では、薬局以外のドラッグストアの店舗、各ホームセンターやスーパーなど、様々な店舗で薬の取り扱いをすることが通常です。店舗数についても増え続けているトレンドにあるのです。次の決断を成功させる可能性をある程度高くすることも大いに期待できるので、薬剤師の案件満載の転職サイトを見てみることを大変推奨したいと考えます。比較的短い時間でお金を稼ぐことが可能な薬剤師のアルバイトは、本当に時給の高さがいいところです。本当に希望通りに勤務できるような理想的なアルバイトを見つけました。薬剤師としてのアルバイトは、他の仕事と比較すると、アルバイト代はかなり割高です。平均時給にして2千円近い額であって、有難いアルバイトなんです。医療分業の体制化により、現在の調剤薬局の数というのは、コンビニの数を上回るようです。調剤薬局の事務としての技能、これはエリアに関係なく活用できるので、再就職に当たっても永遠の仕事の技能として役立てることが可能です。パート、またはアルバイトの薬剤師募集案件を相当数持っていますから短時間の勤務で高時給を期待して就労できるような求人が、いろいろと探せると思います。病院に勤務している薬剤師は、患者さんへの服薬指導の実行のほか薬歴管理を行うこと、お店に勤めるならば在庫を管理することやそのシステム、会計管理業務とそのシステムというような理解もあることが肝心であると言えます。単発はもちろん、アルバイト用の薬剤師専門求人サイトのように、カテゴリー分けした薬剤師の仕事などに加えて、単発やアルバイトだけの求人サイトに注目が集まるようになってきたそうです。現状では、パートで薬剤師の求人を見つけたいと思っている方は、何やかやと希望する条件がかなりあって、自分の希望に合った仕事場は容易に見つけることは困難で、求職活動などに費やせる日数も制限されている状態です。近所のドラッグストアで、薬剤師のパートをしたいといま考えている方はちょっとだけストップしてください。薬剤師求人サイトなどを使って探したら、もっと条件の整った求人案内に出会う可能性も。大学病院に属している薬剤師の年収というものが低い事は事実。そのことは十分わかったうえで、この職を選ぶ背景にあるのは、別の現場だったら難しい経験もすることが可能であることからなんです。簡潔に言うと、調剤薬局での事務は「薬剤分野」についてだけ習得すればOKなので、比較的簡単で、楽な気持ちで受けることができるということで、高く評価されている資格のようです。子どもが入園し、せっかく資格があるからと職場復帰することが少なくない薬剤師ですが、家事や育児との両立を大事に考えているので、アルバイトとかパートなどとして現場に戻る方が実際大勢います。日中に働くアルバイトであってもアルバイト代は高いものの、深夜に勤務する薬剤師のアルバイトであれば、一層時給は高くなるのが普通で、3千円近くになるというような仕事も大して稀ではないでしょうね。使えそうな薬剤師求人サイトを探して、それらの会員になって、いろいろと求人を比べることが大事です。それによって、自分にぴったりの求人を見極めることが可能です。仕事と家庭を両立させてお金を稼げる薬剤師のアルバイトというのは、とりわけ時給が高額なのが素晴らしいところです。私はネットで希望通りに勤務できる完璧なアルバイトに出会うことができました。実績を積むことを目的に転職する考えなら、効率的に転職先に巡り合うことができるから、薬剤師の求人専門の転職サイトのようなものを駆使するのがいいと思います。それぞれの調剤薬局に、管理薬剤師を一人は配置しておくことが薬事法というものにより定められていますが、調剤薬局で職務に当たっている薬剤師のキャリアアップの目標として、管理薬剤師の地位というものを目標にしていくというような人も数多くいることでしょう。前は、看護師または薬剤師というのは引く手あまたでしたが、後々就職には不利な状態になっていくでしょう。薬剤師資格保有者の大幅な増大、医療費の削減を受けて、給料が安くなることなども考えられます。一般的な薬剤師のアルバイトの業務に、薬歴管理と呼ばれるものがあるようです。過去のテータから、薬剤師の立場から指導管理するという業務内容になります。求人の情報がたくさんあるし、転職関連のコンサルタントの支援などもあるようですので、薬剤師の求人専門の転職サイトのチェックは、皆さんにとって絶大なサポート役となるのだと思います。薬剤師の人たちがドラッグストアで、職務に当たる状況では、薬の仕入れ注文またその管理は当たり前で、薬を調剤し投薬するという流れも担わされることもなくはないです。広く公開される薬剤師に向けた求人情報というのは全体の2割なのです。8割については「非公開の求人」で、通常では探せない非常に優れた求人情報が、たくさん盛り込んであります。いまは、薬剤師のアルバイトは、一般的なアルバイトと対比すると、時給が高いです。平均時給にすると、薬剤師アルバイトは約2千円と言われていますから、素敵なアルバイトだと思います。辛い思いもして手にした知識又は技能をだめにしないように、転職先でも薬剤師が保持している資格をちゃんと活用できるように、労働条件を整えることが何よりも大切な事だと言われます。時給などの待遇がいいのが、薬剤師のアルバイトの魅力ですね。アルバイトの肩書でも、正規の社員さんたちと同じ業務を行うこともでき、実績を積むことさえできる仕事なんです。病棟付きの病院では、夜でも薬剤師が必要な存在らしいです。このほか、救急センターでも、夜間の薬剤師のアルバイトを探しているようです。ハローワークだけでうまく進むというのは、まず期待できません。薬剤師向け求人案件というのは、他の職業と見比べてもあまりなく、希望や条件に見合うものを見い出すなどということはかなりハードルが高いです。1つのサイトで薬剤師の求人を一挙にフォローするということはあるわけないのです。いろいろな求人サイトを確認することで、結果、あなたに合った転職先に出くわす確率が上昇するみたいです。現代の不況のさなかでも比較的高い給料がもらえる職業と区別されていて、日常的に求人のある、憧れてしまうような薬剤師の年収についてですが、2013年、平均年収で、だいたい500万円〜600万円だということです。現状で、待遇に納得できない薬剤師が多数いるといえるわけですが、今よりも一層下がってしまうことを考えて、なるべく早く転職を希望する薬剤師というのが急増してきています。薬剤師を求める「非公開」の求人情報をたくさん保持しているのは、医療業界について力のある人材派遣・人材仲介会社なんです。年収が700万円を超えるような薬剤師求人についての案件が多彩にあります。1月過ぎというのは、薬剤師の中には、転職は賞与後に、と決断して活動開始する方、4月からの新年度には、と転職を考え始める方が増大する頃なのです。最寄りのドラッグストアで、薬剤師のパートをしたいと思っている人はしばらく待ってください。ネットにある薬剤師求人サイトで探せば、ずっといい求人案内があるかもしれません。求人情報満載で、コンサルタントのサポートもありますので、薬剤師をターゲットにした転職サイトというのは、利用者にとって頼れる支えになるでしょう。チェーン店を全国に持つ有名なドラッグストアなどでは、すごく条件の良い薬剤師に対しての求人を出していることが多いので、ある程度楽に情報収集することができる現状があります。希望通りの職場を探すことを念頭に転職するつもりなら、幅広く転職活動を行えるはずなので、薬剤師の職が満載のネットの転職サイトなどを見てみるのはどうでしょう。病院で働く薬剤師に関しましては、技能面については長所といえることも増えるので、年収では計れないメリットを希望して、就職するといった薬剤師が意外なほどいるものです。薬剤師の方がドラッグストアという場所で、勤務する際、薬を仕入れることや管理業務だけで終らず、薬の調合および投薬までの流れをも背負わされるという状況もあります。希望に合う薬剤師求人がとても多くなってくる状況になるのが、1月以降の傾向になります。希望通りの求人にめぐり合うには、一歩進んだ転職活動に入ることは欠かせないことでございます。ハローワークを利用してちゃんと結果が出せるなどというのは、レアケースです。薬剤師を募集する求人は、通常の職業のものよりもかなり少ないほうで、そこからさらに条件や希望に合うものを見つけ出すとなるとすごく難しいことなのです。概して薬剤師全般を見ると平均的なその年収は、だいたい500万円と言われているので、薬剤師としてそのキャリアやスキルが多くなることで、高給も夢ではないのではないかと予想できます。出産、育児がひと段落して、家計の足しにと職場に戻るケースが薬剤師には多いのですが、家事や子供の世話を踏まえ、アルバイト・パートとして復帰を望んでいる方が極めていっぱいいます。現状においては、薬剤師が足りない事態はドラッグストア、薬局で結構目に留まりますが、これからについては、病院、調剤薬局などで薬剤師向けの募集枠は、もう増える事はなくなると見られています。昼間にアルバイトをしてもアルバイト代は高い仕事であるものの、深夜に勤務する薬剤師のアルバイトは、さらに時給がアップし、3千円前後という仕事先もそれほど稀ではないでしょう。薬剤師としての業務は当然のことながら、商品を管理することやシフトを決めることやパート・アルバイトの募集・採用も行っているのです。ドラッグストアというのは、多数の仕事や作業を処理するといえます。この先、調剤薬局での事務職に就きたいのであれば、レセプト書類に関することなど業務の遂行のために、必要になる知識や技能の証になるので、就職する前に資格を手に入れておくことが重要になってくると考えます。薬剤師の就職先は、病院での勤務、調剤薬局とかドラッグストアでの勤務、製薬会社など会社勤務などがございます。年収の額についても相違があるし、場所でも変動しています。ネットや雑誌に案件情報は豊富にありますが、調剤薬局に関する求人だったら、評判の良い薬剤師の求人や、転職専門アドバイザーを用いることがいいと思います。男性では、やりがいが必要な方が高い割合を占め、女性については、仕事というより上司への不満がまず多くなります。男性にとって大切なのは仕事そのもの、女性には環境面が一番重要であることが、薬剤師が転職するときに顕著な特徴として明らかです。「空白期間があって復帰する」というだけであるなら、いざ薬剤師が転職という時に悪い要素にはなりませんが、年齢を重ねた方やパソコンに疎いという条件の場合であれば、ノーシャンキューと言われることがあったりします。世間には薬剤師の求人・転職サイトを介して転職に成功した方が多いことから、サイト数も増加しています。転職希望者には欠かせないものになっています。この頃は薬剤師の資格というものを持っている大勢の人たちが、育児中も薬剤師という資格を活かしつつ、アルバイトで働いて家計をしっかりと支えていると聞いています。一般公開されている薬剤師を募集する求人情報は全体の2割にあたります。残る8割は「非公開求人」となっていて、一般的に見つかりにくい質の良い求人情報が、潤沢に取り込まれています。次の決断を達成させる可能性を高くするよう、薬剤師専門転職サイトを確認することを大変推奨しています。以前のように気軽に転職できてしまうとはいえませんので、最初に何について最優先にするべきなのかについて検討をして、薬剤師の転職についても注意深くなる事が不可欠となります。現在の医療業界の成り行きからしますと、医療分業化体制の流れもありますが、こじんまりとした調剤薬局が数を増し、即戦力として役に立つ薬剤師を、採用する傾向が際立ってきました。結婚や育児といったようないろいろな事情で、退職を決める方も多数いますが、そういった方が薬剤師として再就職するのなら、パートとして働くことが確かに有難いものです。大学病院で働く薬剤師のその年収は、その他の病院と比べても金額に大きな差はないと言えます。そんな状況なのに、薬剤師が請け負う仕事の量は多く、夜勤をしたり残業をしたりする場面もあるのです。病院によっては、夜でも薬剤師が欠かせない存在になるでしょう。そして夜間営業しているドラッグストアも、深夜勤務のアルバイト薬剤師を雇いたいと思っているみたいですよ。一昔前は、看護師あるいは薬剤師は引く手あまたでしたが、今から先は就職には不利な状態に変わっていくのです。薬剤師の急激な増加、医療費の削減を受けて、給料の賃下げなどもあります。給料に関して不安や不満を感じて、今より更に高い給料の勤務先を調べて探している人はかなりいるのです。その反面、専門職である薬剤師も、労働環境・勤務環境は限定されなくなったというのが実情です。インターネットに求人情報はいろいろとありますが、調剤薬局での求人を探す場合は、安心して頼れる薬剤師を専門とした求人サイトとか、転職をサポートしてくれるエージェントを使うことが重要でしょう。当然のことですが、1社で薬剤師の求人案件を全部紹介することはないのは当然です。多くの求人サイトを比較検討することで、比較的短時間で希望通りの転職先を見出せる見込みが高くなるのでしょう。非公開の求人案件を見たいのだったら、薬剤師向け転職サイトを活用するといいと思います。企業から広告の費用を得ることで作られているから、転職活動している人は使用料などを払うことなく使用できるはずです。中途採用の求人の数が最多数であるのは調剤薬局だと聞きます。払われる給料は450万円から600万円程度です。薬剤師というのは、経験がポイントとなることから、新卒の初任給の金額と比較しても多いのですね。病院に雇用されている薬剤師というのは、職務スキル上は有利な点がたくさんあるので、年収とは全く関係のない値打ちを希望して、就職を決める薬剤師は相当いるようです。薬剤師の専門転職サイトの会員には、専門コンサルタントが、公開されていない求人を含んだ非常に多数の求人案件を見てから、最適な求人をチョイスしてオファーします。給料において心配して、今よりも多くの給与を得ることのできる職場を見つけようとしている人は数多くいるものです。その反面、専門の職業である薬剤師も、労働条件というものは多岐に渡っています。説明を簡単にすると、調剤薬局における事務は「薬剤分野」の部分だけ学んでおけばバッチリなので、それほど厳しいものでもなく、気を張らずに手を出しやすいということで、好印象の資格と言えます。大学病院に雇われている薬剤師の年収に関しては、一般病院の場合と比べてもほぼ同額であるというのが実際のところです。なのに、薬剤師が担う仕事はいっぱいあり、残業や夜勤をすることが当たり前にあったりします。一定以上のレベルの勤務内容・給与という求人先を自分の力だけで見つけるというのは、より難しいこととなっています。薬剤師として転職を願っているというのであれば、優良な転職支援サイトとかを、一番に利用するべきです。中途求人の数が最も多いのも実は調剤薬局です。その給与は450万円〜600万円ほど。薬剤師というものは、経験重視の流れがあるというわけから、新卒の方が手にする初任給より高くなるのです。パートやアルバイト、正社員等、お望みの雇用形態というものを決めて探すことができ、ハローワークにおいての薬剤師向けの求人も同時に探すことができます。未経験でも大丈夫な職場や給与などの待遇、年収によっても探せます。ハイレベルな仕事をしていることを踏まえて、限定の研修参加や試験に合格するというような実績を積み上げている薬剤師については、各組織から認定薬剤師に出されるバッジなどの発行が行われます。求人の内容のみならず、経営の実態さらにそこの様子はどうかなども、実際にキャリアアドバイザーが赴いて、勤務している薬剤師さんからも話を聞いてくることで、間違いのない情報などのご提供をしていきます。大体が、薬剤師について言えば平均年収の金額は、500万円くらいだろうと言われておりますので、薬剤師としての経験やキャリアが多くなることで、高給も可能というようなことも予測されます。会員のみに公開している求人をチェックしたければ、薬剤師のみの転職サイトをチェックするべきです。募集企業から広告費を得るなどして作られているから、仕事を探している人は全く無料で利用できるようです。経験を積むことを考えて転職するつもりなら、手軽に転職先をチェックできることもあって、薬剤師対象のネットの転職サイトを確認することが最適かもしれません。人が組織の一端として職務を担うという現代において、薬剤師の転職活動だけのことではなく、高いコミュニケーション能力を考えず、キャリアアップとか転職というのは実行不可能と考えられます。レアケースとしては、ドラッグストアに関しての販売方法や形態に通じている流通アドバイザーや、商品開発におけるコンサルタントと言った形の仕事を担うという人だってあると聞きます。転職をしようという時に、なるべく試していただきたいのが、薬剤師転職サイトでしょうか。非公開の求人案件も数多く、大量の情報を所有しているサイトが存在しているので、要チェックです。一般には非公開の求人を見るには、薬剤師専用転職サイトを活用するしかないみたいです。顧客企業から広告費をもらい管理しているので、仕事探しをしている方は無料で閲覧可能なようです。近年では、薬剤師を対象にした転職サイトを利用する人が増加しています。各々のサイトに特色があるので、もしも活用する場合には、自分にフィットするものを選択することが大事でしょう。求人情報を集めたり、転職に関する段取りもしてもらえるという点でも、薬剤師を専門とした転職サイトは、転職を考えている人に大変便利です。しっかり支援してくれるので、初めて転職をするという時にも利用してほしいサイトです。良い条件の薬剤師の求人がとても多くなってくる、これが、1月以降の傾向になります。満足できる求人を探し当てるためには、能動的な転職活動を行っていくことが要なんです。日勤のアルバイトとしても時給は相当良いと思いますが、薬剤師の深夜アルバイトだと、ずっと時給が上がって、3千円位になるといった場合もそれほど稀ではないらしいです。薬剤師を対象とした「非公開の求人情報」とされるものをいっぱい持っているのは、医療関係に強い派遣会社や人材紹介会社ということです。年収が700万円を超えるような薬剤師求人についてのデータや情報がいっぱいあります。正社員と並べるとパートは、低収入ですが、勤務日数や時間は割と勝手を聞いてもらえます。薬剤師転職コンサルタントにお願いすることによって、自分自身の条件に沿った求人を探していきましょう。「薬剤師の継続年数は負けないくらい長いから」だけを理由に、転職することで年収を増額させたいと思うならば、今勤務している仕事場で努力するやり方のほうが得策でしょう。近くのドラッグストアで、薬剤師のパートをしたいと思っている方、暫くの間待って!ネットの薬剤師求人サイトを使えば、気に入る会社を探せるかもしれません。この頃医療業界の動きからしますと、医療分業という体制にもよりますが、小さい調剤薬局というのが急増、戦力になる薬剤師を、採用する傾向が著しくなってきました。薬剤師の就職する勤務先として、病院、調剤薬局とかドラッグストアでの勤務、製薬会社での業務などが主だったところです。年収の相場はみんな変わりますし、勤務するエリアによっても変動しています。「経験なしでも大丈夫な求人がいいのだけど」「引越し先から近い場所で就職したい」という、希望に沿う様に、アドバイザーやエージェントがこれならという薬剤師求人を調べて探し出し教えてくれます。別個に持っている条件を考慮して仕事をしやすいように、契約社員またはパート、勤務時間などに区分けをすることで、薬剤師が転職をしやすくなるようにし、勤めやすい労働環境を設定しています。薬剤師さんがドラッグストアの店舗で、仕事に就く折には、薬などの仕入れおよび管理を始め、薬の調合や投薬という作業までも負わされるという状況もあります。薬剤師さんがドラッグストアで、作業をするようなとき、薬の仕入れ注文、管理業務のみならず、薬の調合から投薬というところまでもやる羽目になる事態も考えられます。今現在働いている勤め先より納得できる待遇で、年収も増やして就職したいと求めている薬剤師の方も増加していて、転職を実行して望みどおりに成功を収めた方も結構いるようです。提供される一般公開の薬剤師の求人案件というのは全体の2割。全体の8割は「非公開求人」というもので、通常では探せないとっておきの求人情報が、大量に取り込まれています。大学病院での勤務に当たっている薬剤師が得られる年収については、一般病院と比較してもほとんど違いのない額であると聞いています。それでも、薬剤師がするべき仕事量はとても多く、残業、夜勤などに当たるときもあります。普通、薬剤師に関しては平均年収の金額は、だいたい500万円と言われておりますので、薬剤師としての経験を積んでいくことで、高給も可能といったことも考えられます。いまや、様々な媒体に求人案件情報はあふれているものの、調剤薬局の求人案件については、評価の高い薬剤師の求人や、転職支援コーディネーターにお願いすることが重要でしょう。薬剤師の転職サイトに登録さえすれば、専門のアドバイザーが、この求人サイトが持つ多様な求人案件を再調査して、希望に合った求人案件を厳選して提供してくれるみたいです。一生懸命マスターしてきた知識又は技能を水の泡にしないように、薬剤師が転職した後もその資格や技能を活用できるように、労働条件を良い状態に保つことが重要だといわれます。診療報酬また薬価の改定があったことにより、病院の収益が前より減りました。そのことから、薬剤師が得られる年収も減少してしまうため、大学病院に雇われている薬剤師のところにはいる給料は伸びないのです。求人サイトの登録者には、転職のコンサルタントが担当を受け持ちます。自分を担当するコンサルタントに任せるとマッチする薬剤師の求人案件を見つけ出してくれると思います。人が組織の一端として職務を担うこの時代では、薬剤師が転職に挑む場合だけではなく、対人関係のスキルアップをしないで、転職あるいはキャリアアップは難しいのであります。薬剤師パートの時給というのは、その他の仕事のパートと比較してみる高額なようです。よって、いくらか時間をかけたら、時給がかなり高い仕事口を見つけ出すことが可能ではないでしょうか。薬剤師の「非公開の求人」という情報を相当数占有しているのは、医療業界を得意とする人材派遣や紹介の会社であります。年収700万を超える薬剤師の求人案件が多彩にあります。インターネットの薬剤師に関する転職サイトを見て転職活動をしている方が多く、転職サイトも増加傾向にあります。いまや使うのが当たり前の存在になりました。薬剤師関連のアルバイトで行うべき職務でよくあるものに、患者の薬歴管理があるはずです。各々の薬歴情報から、患者の方々を指導したりする仕事になります。

 

薬剤師転職

 

 

 

信頼できる薬剤師求人転職サイトはどういったものなのか。

 

そのポイントをまとめてみました!
下記のようなサイトならば、信頼して転職活動を行えるはずです。

 

・薬剤師側の立場になって仕事を探してくれる
・しつこい連絡をしてこない
・こちらの問い合わせには当日中に答えてくれる
・こちらの条件を親身になって聞いてくれ、無理そうだと思うものに対しても、いったん先方に交渉してくれる。
・紹介先企業が契約上の不始末を起こした場合、薬剤師が不利な立場にならないようにフォロー&対処してくれる。

 

では逆に、信頼できない薬剤師求人転職サイトとはどういったものでしょうか。

 

・紹介料さえ取れればいいという雰囲気が丸出し
・面接や紹介先との雇用契約をやたらと催促する
・こちらの都合を考えず、頻繁な連絡をしてくる
・こちらからの問い合わせの返答に時間がかかる。
・評判の悪い会社を紹介してくる
・紹介先企業のミスなどにきちんとした対応をしてくれない

 

薬剤師のための転職サイトは、上記のようにいろいろなものがあります。もし登録した後、その人材紹介会社が気に入らないと思ったら、その時点で縁を切ってください。しつこく電話がかかってきたとしても無視してしまってOKです。
人材紹介会社はたくさんありますから、変なところにかかわってしまうと、ほんとうにただの時間の無駄です。

 

薬剤師の転職は、希望条件を明確にしておきましょう

 

薬剤師のみなさんが転職する際、どういった流れで転職活動を行うべきか、その方法をまとめました。

 

<Step1>自分の希望条件を明確に。
転職を考えている方の中で、転職希望条件がはっきり決まっていない方が意外と多くいます。
そういった方は、薬剤師転職サイトに登録をしては見たものの、自分がどうしたいのかが決まっていないため、コーディネーターの営業トークに引っ張られて結局不本意な転職をしてしまうことになります。
経験者だからこそ言えますが、これは絶対にNGです。
例えば「年収600万以上・週休2日・しっかりした病院の門前・勤務時間は9時〜5時・大手調剤チェーン希望」などと具体的に決めてしまってください。
忘れないよう紙に書きだしておくのもおすすめです。
あるいは、絶対に嫌だと思う条件を書き出すのも手です。
例えば「一人薬剤師は嫌だ・レセプトするのは嫌だ・小児科の門前は嫌だ」などといったことです。

 

<Step2>人気のある薬剤師転職サイトに登録する
転職を考えたなら、どこの薬剤師転職サイトに登録しようか?などと迷ってる時間がもったいないです。
薬剤師転職サイトにすぐに登録してください。
だいたい、2〜3社のサイトに登録するのがおすすめです。それ以上登録しても、紹介案件が重複する場合が多いので、あまり意味がありません。また、登録したサイトが多ければ多いほど、担当者からも頻繁に連絡がくるので、面倒になってしまいます。

 

<Step3>明確な転職希望条件を薬剤師転職サイトのコーディネーターに伝える。
自分の転職希望条件を、登録した会社の担当者にわかりやすく伝えましょう。登録用紙などがある場合にも、きっちり明記してしおきましょう。

 

ここまでできたら、あとは登録会社からおそらく10社以上は求人情報が送られてくると思いますので、それを片っ端から検討してください。あくまで条件に合うか合わないか、という視点で機械的に選別していきましょう。

 

明確に希望を伝えられていれば、送られてくる求人情報はどれも最低条件をクリアしてあるはずなので、その中で最も条件のよいところ1〜2社の面接を受ければOKです。

 

 

薬剤師が転職する際には、絶対に薬剤師求人サイトに登録したほうがよいです。

 

多くの求人情報を見られるだけでなく、数々のサポートを受けられるからです。では、薬剤師求人サイトにはどんなメリットがあるのでしょうか。一例として、「ジョブデポ薬剤師」というサイトのメリットを下記にあげましたので、参考にしてみてください。他のサイトにもいろいろなサービスがあるので、同じように調べてみることをおすすめします。

 

無事にそのサイトから転職できた場合、就職祝い金をもらえるところがあります。通常は多くて10万円代ですが、「ジョブデポ薬剤師」では最大40万円ももらえます。これを目当てにサイトに登録する方も多いです。転職や再就職には何かとお金が必要ですし、貰えるものはしっかりともらいたいですよね。ちなみにもらえる条件は、入職から90日後にサイトから申請することです。

 

「ジョブデポ薬剤師」は、担当者が魅力的だというのも有名です。求人紹介スピードが速く、迅速な対応をしてくれるなどの口コミがあります。そのため、ここで転職を行った薬剤師の92.8%は友人に紹介したいと答えているそうです。

 

最短10日というスピード転職が可能なのも「ジョブデポ薬剤師」のいいところ。全国の求人に対応をしているので、8万件以上の求人を保有しています。ですからきっとあなたに合った求人が複数あるはずなのです。
また、サイトに掲載がない求人でも、相談すれば担当者が動いてくれたりします。

 

そして、他のサイトで紹介された求人を、再度ジョブデポ薬剤師に伝えることで、祝い金GETすることも可能。これはかなりお得ですよね。

 

まとめると、「ジョブデポ薬剤師」は、高額な転職祝い金がほしい方、スピード転職したい方、担当にスピード感を求める方、などにおすすめです。

 

サービスはサイトによって異なりますし、個人によって合う合わないがあるものです。ですからしっかりとサイトの注意事項などを読んで、自分の使いやすいものを選ぶようにしましょう。

 

薬剤師転職サイトおすすめポイントを比較

 

薬剤師求人サイトに登録することのメリットを述べてきましたが、サイトはたくさんあってどれを選んでいいかわからない方も多いと思います。そんな方のために、簡単に4つのサイトを比較してみました。もちろんすべてのサイトに一長一短あります。どれがいいというわけではなく、自分自身にあったものを選ぶのが大事ですが、それぞれのおすすめポイントを比較することで見えてくるものもあります。

 

【リクナビ薬剤師のオススメポイント】
・年間100万人以上の転職をサポートしているリクルート系の企業が運営する薬剤師専門の転職サイトなので信頼感がある
・求人件数は大きい会社から小さい会社まで35,000件と多め
・マッチング力が高く、最短3日で転職できた実例もあり
・求人票には載らない、就業先の人間関係や休暇取得率などの情報も把握
・勤務条件の交渉や面接日などの日程調整なども一任できる
・キャリアコンサルタントがカウンセリングであなたの強みなどを分析してくれます。
・新着求人は毎日30件以上
・土日休みや高給与、残業なしなど、好求人が満載

 

【マイナビ薬剤師のオススメポイント】
・大手の就職支援サービス企業、マイナビエージェントという会社が運営
・全国規模の求人を扱っている
・35年以上の歴史がある、業界最大手の転職エージェント
・1分程度でできる簡単な登録
・厳選した求人を紹介してくれる
・キャリアコンサルタントが、丁寧・誠実な対応でサポートしてくれる
・遠方の方でも電話によるヒアリング、各種セミナーの開催など豊富なサポートを受けられる
・たくさんの非公開求人情報がある

 

【ヤクステのオススメポイント】
・薬剤師の転職専門
・これから薬剤師の資格取得予定という人たちのサポートも行う
・就職活動についてのマニュアルや書類の作成方法、面接対策などにアドバイスをくれる
・全国各地の求人情報を揃えている
・遠方に住んでいても、電話やメールといった手段で相談を受けられる
・土日や夜間など、都合の良い時にカウンセリングが可能
・登録から利用、入社まで費用がかかりません

 

【エムスリーキャリアのオススメポイント】
・2012年度の薬剤師の登録者数が業界1位で、いま人気の薬剤師専門転職エージェント
・業界TOPクラスの30,000件以上の求人数を保有
・大手の製薬会社はもちろん、地域密着型の街の調剤薬局の求人まで取り扱う
・経験豊富な専任のキャリアコンサルタントが親身にサポート
・多数の非公開求人も紹介
・専任のコンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉などを行ってくれる
・高収入希望や子育て両立希望など、様々なニーズに合わせたコラムを読める
・東証一部上場のエムスリーグループが運営だから安心

 

 

薬剤師の転職 履歴書はこう書こう

 

仕事柄、わたしは薬剤師、受付事務の採用のためにたくさんの履歴書を見て、面接をしてきました。

 

その中で、やはり履歴書はとっても大事だと思いました。

 

わたしはこれまでに100人以上の方と面接をしてきましたが、履歴書の段階でほぼ採用・不採用のめどがつきます。
つまり、履歴書をみればその方がどんな人なのか、おおよそのことがわかってしまうということです。

 

薬剤師に限らず、人事採用担当者の方なら、この意見にうなずいていただけるはずです。

 

ではさっそくどういった履歴書が採用につながるかを解説していきます。

 

その前に…。
結局一番大事なことは、「履歴書で地雷を踏まない」ことです。
プラス評価を得ようとするのではなく、マイナス評価をつけられないようにするのです。
プラス評価を得るのは、職務経歴書や面接でOKなんです。

 

当たり前のことがきちんとできていれば、履歴書は合格です。
しかしそれができていない履歴書は本当にたくさんありました。
そうならないために、下記を参照してください。

 

ポイント1「きれいな字で丁寧に書く」

 

汚い字や、字並びがガタガタではどうしても読む気になれません。
履歴書を書くのには、紙に向き合う集中力が必要です。
全部書き終えるまでに、だいたい30分から1時間くらいはかかると思いますが、それで丁寧に書かれていなかったら…。
この人は1時間も集中力がもたない人なんだな、と判断されてします。
また、人と丁寧に接する、という最低限の社会常識もないように思ってしまいます。

 

ポイント2「修正テープや修正ペンは使わない」

 

履歴書は、書き間違えたら新しい用紙に書き直すのが常識です。
もちろん面倒くさいし手間がかかりますが、「常識がない」と思われないためにはこのルールを守りましょう。

 

ポイント3「添付する写真は、写真館で撮ってもらう」

 

最近はスピード写真の性能も良くなってきましたが、できれば写真館できちんとしたカメラマンに撮ってもらいましょう。今は写真館で撮ってもらったとしても、そんなに高くないので、ケチらずに写真館で撮っておいてください。
何が大事かというと、この就職に相応の決意と準備をして臨みます、というアピールなんです。
また、写真は面接の1ヶ月くらい以内のものを使いましょう。
余談ですが、わたしはいったい何年前のものですか!?というような古いヨレヨレのスナップ写真の、自分が写っている部分だけを切り抜いて貼ってきた履歴書を受け取ったことがあります。しかも帽子をかぶってピースサイン…。
「この方は本当に採用してほしいのだろうか…」という疑問がわき、もちろん書類選考の時点で不採用にしました。

 

ポイント4「きれいに押印する」

 

印鑑の押し方が非常に雑な方が多いです。特に女性に多い気がします。
履歴書の下に厚みのあるものを敷いて、ゆっくり押印するだけできれいに押せるはずです。
印鑑のにじみ、ゆがみ、不完全な押印は、仕事が雑な方だな〜という印象を受けてしまいます。そしてそれは経験上ほぼ間違いありませんでした。

 

ポイント5「履歴書の使いまわしはしない」

 

封筒もボロボロでヨレヨレの履歴書を受け取ることもあります。
節約したい気持ちはわかりますが、履歴書は必ず1社につき1つです。
履歴書の日付を修正テープで書き直しているようなものは、見る気にもなれません。

 

以上が採用につながる履歴書に必要なポイントです。
どれも常識的で一般的なことです。
これを読んで、「そんな細かいところまで見てるの?」と思った方は注意してくださいね。

 

 

薬剤師の転職 職務経歴書はこう書こう

 

職務経歴書を書かれたことありますか?
転職をする際に、職務経歴書は大変大事なものです。
昔は薬剤師というだけで、履歴書のみ、面接ナシで即採用という時代もありました。
職務経歴書まで書く人は非常にまれでした。
しかし最近では、薬業界においても職務経歴書を求められることが一般的になりました。

 

転職を繰り返していても不採用にならないためには、きちんとした職務経歴書を添付しているケースが多いようです。

 

以前「履歴書の書き方のコツ」を書かせていただきましたが、履歴書はきちんとかけていればOK。原点方式で見られます。
一方、職務経歴書は加点方式で見られます。
つまり職務経歴書は、自分を書面でアピールするためのものなのです。

 

ですから転職をお考えの皆さまにも是非、職務経歴書を書くことをおすすめしたいです。
形式にはこだわらなくて大丈夫です。
ワードで作成する方が多いですが、ネットで調べれば、ひな形もたくさんありますので、それを利用してもよいと思います。

 

下記に、人事担当が採用したくなる職務経歴書の書き方のポイントを説明していきます。

 

ポイント1「経験科目は必須」

 

薬剤師教育が充実、と募集要項に書いている調剤薬局があります。
しかし採用する側の立場で考えれば、募集している科目の経験者を採用したいというのは当たり前ですよね。
一例ですが…。
循環器科の門前薬局で募集があり、二人の薬剤師が応募してきました。
一人は皮膚科のみの経験者、もう一人は循環器科の経験者。
他の条件に大差がなければ、あなたはどちらを採用しますか?
もちろん、後者ですよね。

 

では、二人とも循環器科の経験者だった場合。
一人は履歴書と循環器科の経験を記載した職務経歴書、もう一人は履歴書のみの応募でした。
この場合も、みなさんおそらく循環器科の経験が明記された薬剤師を採用しますよね。

 

面接で経験科目について説明したとしても、やはり最初から職務経歴書に経験科目が明記されているほうが印象に残ります。こういった意味でも、職務履歴書にはきちんと経験を記載しておきましょう。

 

ポイント2「働いていた薬局でのポジションを書く」

 

これは管理薬剤師の経験者なのか、マネージャークラスの仕事の経験者なのか、それを判断する重要なポイントです。
色々な薬剤師を見てきましたが、やはり管理薬剤師の経験がある方は、コミニュケーション能力、仕事への責任感などのバランスがとれた方が多いです。
管理薬剤師経験者は一目置かれますので必ず書いてください。
老若男女問わず、です。
募集が1名に対して複数の応募があった場合。そのうちの1名だけが管理薬剤師経験者なら、きっとその1名が採用されるでしょう。
逆に何年も勤務してるのに管理薬剤師を経験していないことがわかったら、ちょっと考えてしまいます。

 

ポイント3「門前薬局の処方受付枚数と薬剤師の人数も明記」

 

受付枚数と配置薬剤師数が書かれていると、以前に勤務していた薬局のだいたいの規模がわかります。
さらに、薬剤師が薬局内でどんなオペレーションをしていたかも想像がつきます。
これによって、その方の経験値を把握することができます。
小さな薬局には小さな薬局のオペレーションがあり、大きな薬局には大きな薬局のオペレーションがあるので、どちらがいいとかではないのですが、応募している薬局と同じような規模の薬局経験者なら有利になります。
また、大規模な薬局の管理薬剤師を経験した方は、どんな規模の薬局のオペレーションでもこなせる、と思います。どんな業界にも言えることですが、規模の大きな薬局はその業界の看板です。関わる人の数も多くなるので、その管理も難しくなります。そういった意味で、能力と信頼の備わった薬剤師を責任者にします。
大きな薬局で管理薬剤師や店長をしていた方は、必ずアピールしてください。
こういう方が応募してきたら、きっと高額報酬で採用されますよ。

 

ポイント4「レセプトについても記載する」

 

レセプトとは、例えば月間の応需枚数、売り上げなどです。
薬剤師は薬に関する知識さえあればよいと思われがちですが、薬剤師は学者ではなく、一般企業に勤める社会人なのです。
したがって会社の数字を把握する姿勢も求められます。薬剤師として一生現場で過ごすつもりであれば、計数管理は必要ないかもしれません。しかし自分自身のキャリアアップのためには、月間の応需枚数や売り上げ、1枚当りの平均技術料、在庫金額、ぐらいは把握しておいたほうがよいでしょう。

 

以上のような内容を職務経歴書に書いておくだけで、あなたの評価はぐっと上がります。

 

大手の調剤チェーン店に転職して将来経営幹部になりたいと考えている方や、独立を考えている方なら尚更。
そういう方は今働いている薬局の家賃、光熱費、人件費、納入価など、経営にかかわるお金に関しても勉強しておきましょう。

 

 

薬剤師としての転職を成功させる方法はたくさんあります。

 

「薬剤師として転職したい!」と思っている人は、みんなライバルです。これまで他業種だった方も、ずっと薬剤師の方も、みんな薬剤師になることを求めて日夜闘志を燃やしている方なので、キャリアは関係ありません。ですから、薬剤師の求人探しの賢い手段や方法について知識がないというのは大変にもったいないことです。

 

従来は、ハローワークに行って公開求人を見て問い合わせるという方法が一般的でした。しかし現代では、人材紹介会社が運営する転職サイトを活用する人の数が格段に増えています。そしてその転職成功率や年収アップ率はかなり高い水準のようです。これは薬剤師を目指す皆さんにとっても見逃せない事実です。どのように活用していけばよいのか、ご紹介していきます。

 

GoogleやYahooなどで「薬剤師 転職」と検索すると、たちまち「薬剤師転職サイト」「薬剤師転職エージェント」などといったサイトが目に飛びこんでくるはずです。このような薬剤師転職サイトと呼ばれるものでは、薬剤師のための求人を数多く扱っており、専任の転職コンサルタントが転職支援を行っています。こういったサイトは、まず会員登録をすることから始まります。登録しておけば、コンサルタントによる直接の転職支援を受けれたり、非公開求人情報を教えてもらえたりします。多くの場合、このように専任コンサルタントがいる転職サイトに登録したら、キャリアコンサルタントから直々に電話かメールがきます。そしてキャリアコンサルタントが自分の要望に合った求人を直接紹介してくれます。

 

この薬剤師転職サイトには二通りの活用法があります。ひとつめはそのサイト上に公開されている求人情報を見て、その中から希望条件に合ったものに応募する方法。もうひとつはキャリアコンサルタントから求人の紹介を受ける、という方法です。

 

また、ほとんどの転職サイトは、職務経歴書の書き方や業界情報などの充実したサブコンテンツを提供してくれています。これらの閲覧も、転職のための有益な情報源となってくれるでしょう。

 

いろいろとメリットはありますが、転職サイトを使うべき一番の大きな理由は、何と言っても転職コンサルタントの存在でしょう。コンサルタントに転職相談にのってもらったり、サポートをしてもらうことができるからです。コンサルタントは、非公開求人の紹介を受けられたり、面接の設定をしてもらえたり、給与や待遇面の交渉を行ってくれたりします。もちろん、このようなサービスはすべて無料です。このようなサービスはやはり受けておきたいですよね。まず薬剤師転職サイトへの登録から始めてみましょう。

 

 

数々の薬剤師転職サイトがありますが、それぞれに独自のメリットや強みがあります。

 

どのサイトも活気づいており、サイトによって異なるメリットが得られることでしょう。しかし、同じ求人なのに、斡旋してくれるサイトによって転職後の年収に100万円くらいの差が出るという事実をご存知の方は少ないはず。つまり転職サイトをどこにするか、ということは自分の将来やキャリアプラン、転職後の生活に大いに関わってくる重大なことなんです。

 

ではどうやって薬剤師転職サイトを比較すればよいのでしょうか。まずはその転職サイトが、『全国の求人情報を掲載している大規模なサイト』なのか、それとも『地域密着型の求人情報が多いサイトなのか』に分かれるでしょう。どちらが良いということはなく、自分が求めているものによります。ただ、どうしても求人情報が多いほど選択肢が広がりますので、求人数は見ておくべきでしょう。

 

転職キャリアコンサルタントがいる転職サイトにおいては、そのキャリアコンサルタントの力がモノを言います。給与アップ、待遇アップについての交渉力、信頼度、アフターケア能力などの評価が大きな選定ポイントです。このキャリアコンサルタントについては、口コミを参照しましょう。利用者満足度が高い、と明示されていても、口コミ評価に少しでも微妙なものがあれば、避けておいたほうが無難です。自分が転職を任せるコンサルタントなので、慎重に選ぶ必要があります。

 

そして、転職サイト選びにおいて一番重視すべきポイントは、『どれだけその業界に通じているか』です。例えば、薬局をチェーン展開しているような企業が運営する転職サイト。これは薬剤師が転職を考えるときには大手人材紹介専門会社が運営する転職サイトよりも、有利な場合もあるのです。

 

また、非公開求人情報は今やどのサイトからも提供してもらえますが、転職サイト人気ランキングでTOP3に入るような企業に、より優良な非公開求人が流れる傾向があるようです。

 

このように比較するポイントは様々ですが、個人の視点から考えると、転職までの期間や転職したい時期、転職したい地域などの希望条件から選ぶのも大事です。例えば一刻も早く転職したいのであれば『最短で2日〜一週間で転職可能』と謳っている転職サイトを利用すべきでしょう。

 

実際に転職サイトを比較する際には、まずは複数のサイトに登録してみましょう。実際にキャリアコンサルタントとコミュニケーションを取る中で、「相談しやすいな」と思ったり、「紹介される求人が自分の希望条件にマッチしているな」と思わせてくれるところを選ぶのがベストでしょう。また個人情報保護を遵守してくれるサイトを選ぶのもひとつのポイントです。

 

 

もしあなたが薬剤師としてよりよい転職をしたいと思ったら、どのように情報収集を行いますか?

 

転職を考えたときには、求人情報はもちろん、履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、面接術、年収相場、職種知識など多数のことを知っておかなければなりません。これらのような情報は、いろいろな方法で集めることができます。

 

直接病院や薬局などから情報を入手することが一番迅速で正確です。現職の方は知人づてで人員の空き情報などの業界情報を知れるかもしれません。また、求職中の方はインターネットの掲示板や薬剤師転職サイトで有益な情報を得られるかもしれません。

 

求人情報は、病院や薬局からの情報集め、ハローワーク、求人雑誌、求人広告、転職サイト、人材紹介会社などから得られます。この情報収集手段にはそれぞれ異なるメリットがあります。

 

ハローワークを利用する場合、毎週数多くの求人情報が寄せらること、地域に密着していること、ハローワーク職員が面接日時を設定してくれること、待遇面の相談が可能、などどいったことがメリットとしてあげられます。ただ現職中の薬剤師にとっては平日の日中にハローワークまで行くこと自体が難しく、そういった意味では活用しきれない場合も多いようです。

 

また、ハローワークに寄せられる求人は、求人サイトなどの残りものの場合もあるようです。求人する側にしてみれば、採用したいのは優秀な人材に越したことはありません。ですからハローワークよりも勢いのある転職サイトに求人依頼を出したほうが、ハイレベルな人材を得られると考えるのは当然ですね。そういう理由で、優良な求人は人気のあるサイトに集中しやすいと言うことができるでしょう。

 

薬剤師転職サイトでは、サイト上の対応のみならず、専任のキャリアコンサルタントから直接リアルな業界転職情報を教えてもらえることがあります。薬剤師の転職に特化した情報を得られるのはありがたいですよね。

 

手っ取り早いのはキャリアコンサルタントと直接会って、情報をもらうことです。今の薬剤師転職サイトのほとんどで、電話やメールでのやり取りだけでなく、直接質問や相談をすることが可能です。こうして考えてみると、転職サイトが一番転職情報を得やすいのかもしれません。

 

 

 

薬剤師の転職には、様々な理由があります。

 

一番はやはり、病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社のどこで自分が働きたいのか、ということにです。

 

それプラス、環境による転職理由も入ってきます。残業が多く休みが取りにくい、スキルアップできない、処方箋が多すぎる…などの仕事内容によるもの。大変な割に給料が安い、などという金銭的なもの。結婚・出産・育児によるもの。職場の人間関係、勤務地の環境、通勤時間などの環境によるもの。以上のようにいろんなものがありますが、だいたいの転職理由はこういったものです。

 

転職先を決めてしまう前に、一度これらの転職しようと考えた状況や、転職理由を見直すことをおすすめします。

 

転職理由を分析すれば、自分が何を望んでいるのかが明確になります。何が満たされていればOKで、何が満たされていないとアウトなのか、という優先順位があやふやだと、転職に対するスタンスがブレてしまいます。一番大事なのは、果たして転職をすれば自分の問題は解決できるのか、というところです。

 

一例ですが、職場の人間関係が嫌で転職を決めた薬剤師がいるとします。人間関係が嫌な理由は、職場にあるのでしょうか。もし人間関係が悪くなる理由が本人にあるのだとしたら、たとえどこへ転職をしたとしても同じことの繰り返しになるでしょう。どの職場にも、良い面と悪い面があります。それを本人がどう受けとるか、なんです。「いやだ!」などといって感情的に転職を考えるのは絶対NGです。冷静に自己分析し、じっくりと転職理由について考えなければなりません。

 

薬剤師は、不況下でも売り手市場です。ゆえに、よっぽどでなければ他の職種よりも転職が簡単です。とはいっても短いスパンで何度も転職を繰り返せば、当然いいキャリアにはなりません。転職回数が悪印象を作り、転職が難しくなってしまうことだってありえます。

 

 

薬剤師が転職する、一連の流れというものがあります。

 

一から自力でやるなら別として、薬剤師求人サイトを利用すると、だいたい決まった順序で転職活動をすることになります。まず最初に薬剤師求人サイトに登録します。登録すると、コンサルタントから連絡があります。電話で希望条件を聞かれる場合が多いですが、会社に行って面談をするところもあります。それから、こちらの希望に合う求人をいくつか出してくれます。その中から良さそうなところを選んでコンサルタントに伝えれば、コンサルタントが雇用者側に連絡して、前もって交渉をしておいてくれます。交渉が成立すれば、いざ面接。合否はコンサルタントを経由して伝えられます。

 

以上が一般的な流れです。何回提案されても希望の求人がない、面接で失敗する、といった場合は、この流れを繰り返すことになりますが、よっぽどでない限りそうしたケースは稀でしょう。

 

コンサルタントがいてくれるので、薬剤師は難しい調整や交渉などの転職に付随する雑務を省けます。現在の仕事や、求人を吟味することに時間を使えるので、とても助かります。働きながらや子育てをしながら転職を考えている方は、平日の日中に転職活動をするのはなかなか難しいですよね。

 

だいたいの薬剤師求人サイトは上記のようなサービスを提供してくれています。しかし、どの薬剤師求人サイトを使うかによって、調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社、どの分野が強いか…などといった特色があります。コンサルタントのサポートが強い、弱いなどの違いもあります。ようは、得意分野とサポートに差があるわけです。ですので、薬剤師求人サイトに登録する際は複数に登録しておいたほうがいいでしょう。

 

薬剤師経験のあるコンサルタントならば、応募者側の気持ちを良くわかってくれます。ですが、そうではない場合、薬剤師のニーズをいまいち把握できていない、ということもありえます。もちろん大事なのは元薬剤師かどうかではなくて熱心さなので、一概には言えませんが、業界に明るいほうがいいに決まっています。

 

個人で転職活動をしてもいいのですが、個人では得られないの情報や細かい内情、非公開求人の内容なども得られるのが薬剤師求人サイトのメリットです。調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社に逆指名もかけることができたりします。さらに、履歴書・職務経験書の添削や面接シュミレーションなどのスキル対策もしてくれます。このようなことから考えても、一度登録しておくことをおすすめします。

 

 

人間関係・待遇・スキルアップのために、転職を考える薬剤師はとても多いです。

 

転職回数の多い薬剤師は、就職に不利なのでしょうか?

 

薬剤師・看護師などの医療系の仕事は引く手あまたなので、転職がしやすいです。アンケートをしてみると、ある程度の経験をつんだ薬剤師は、ほとんど1回は転職経験がある、というという結果がでました。薬剤師に限らず、医療関係者の多くは2〜3回転職を経験しているというデータもあります。医局の意向で転勤させられたりする医師は別ですが、医療分野間で人のシャッフルが生じているだけ、という説もあります。20代の薬剤師の転職率が一番多く、平均勤続年数は男女共に3年、というのが平均的な薬剤師の世界のようです。

 

このように転職があまり特別でない薬剤師業界において、転職経験が多いというのは、あらたな就職を考えた場合、採用基準に響くのでしょうか。端的にいうと、もちろん影響があります。実際に病院・調剤薬局などに聞いてみると、転職3回以上の方に対しては悪印象をもつことがあるそうです。もちろんそれぞれの病院・調剤薬局によって考え方は異なりますが、多くのところでは転職回数に注目しています。ただし、パートナーが転勤族だというような場合には、病院・調剤薬局などの所在地を調べればその理由が判明しますので、心配する必要はありません。

 

ということは、転職3回以上の薬剤師は、不利になるということですね。もし新たに転職をしたいと思うのであれば、どんな対策をしておけばよいのでしょうか。
それは、ブレない転職理由を考えるということです。悪印象を与えるのは、転職理由がブレているからなのです。

 

ブレない転職理由は「仕事のスタンス」「仕事の目標」を、念頭において考えましょう。収入、職務内容、など自分が譲れないポイントを明確にすることが大事です。履歴書の内容をひとつのストーリーとしてまとめて、無理なく伝えられれば、転職が多い事実をプラスの印象に変えることもできます。人は生き方にストーリーを求めたがる性質があります。医療ドラマがあんなに流行るわけも、そこにあります。

 

一見ネガティブな事柄でも、言い換えればポジティブに表現することができます。頑固→ブレない、移り気→気分の転換が早い、などといったようにいい風に置き換えてみましょう。これを転職が多い事実にも応用するのです。

薬剤師は誰でもがなれる職業ではありません。そのため、大手の転職サイトで多くの人に対して求人情報載せればいいというものではありません。応募できる資格があるのはほんの一部となのです。求人情報を掲載するにはその分コストがかかります。人材を募集する企業は、決まった期間情報を掲載してもらう対価を求人サイトを運営している会社に対して支払っています。

 

薬剤師がいないところで多くの人に求人情報を見せても意味がないので、求人する側は、薬剤師が集まるサイトで求人をしたいと考えます。そのほうがより効率的に求めている人材を探せます。このような理由から、薬剤師の求人情報は、薬剤師転職サイトに自然に集まってきます。サイト運営側にとっても、専門性の高いサイトを運営するできるというメリットがあります。職種に特化したサイトを作ることは、職を探す人にとっても、採用をしたい企業にとっても、ブレのない環境を作り上げることと同義です。

 

ほとんどの転職サイトでは、会員登録を求められます。登録をしないと求人情報を見られません。会員登録の際に、氏名年齢のほかに、薬剤師としてのキャリアや経験を記入するようになっています。そしてその登録した情報に対して最適な募集案件を提示するシステムが取り入れられています。

 

募集側は、たくさんの応募数からひとりを選びたい場合と、詳細な条件を設定してその条件に合う人材だけを求める場合のふたつに分かれます。後者の場合は、サイト運営側が、条件の合う人にだけその求人を開示します。そのような特別な情報は、サイト内には掲載されません。非公開求人として条件が絞られたものがほとんどです。非公開求人を紹介されたときは、お互いの条件が合うかどうかという部分が決めてになります。つまり、転職支援サービスとは、マッチングサービスなのです。

 

自分が求める職につきたいという求職者のニーズと、自社に必要な人材を雇用したいと考えている募集側のニーズ。それがマッチした時こそ、両社が満足する良好な雇用関係に繋がります。また、そういった雇用関係においては離職率も低くなります。これこそが理想的な転職です。まだ明確な希望条件がない場合でも、とりあえず登録しておけば新しい可能性を得られるでしょう。