薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

MENU

年収をあげる転職のコツ

年収をあげる転職のコツ

 

薬剤師の平均収入について

 薬剤師はどのくらい年収がもらえるのでしょうか?厚生労働省のデータでは薬剤師の平均年収は500万前後を推移しています。一般的なサラリーマンの平均年収よりも高収入ですね。ただし、薬剤師の中でも、さらに高年収を狙えるポジションもあります。それは、働く職場が、病院、ドラッグストア、調剤薬局などによっても異なりますし、働くエリアや任されるポジションによっても違いがあります。ここでは、転職で年収をあげるためのコツをご紹介します。

 

年収アップのためのコツ その1:管理薬剤師を目指す!

薬局やドラッグストアでは、通常の医薬品の管理や服薬指導の他に、在庫管理やスタッフの管理を行う管理薬剤師が存在します。管理的立場にあり責任も伴う職務ですので、当然ながら、収入も勤務薬剤師よりも期待できます。管理薬剤師の平均年収は550〜570万円程度となります。若手のうちはまだ経験が浅いので、管理薬剤師と勤務薬剤師の差は大きくはありませんが、30代以降になるとこの差は大きくなっていきます。薬剤師としてのキャリアを考えるのであれば、是非管理薬剤師を目指しましょう。

 

年収アップのためのコツ その2:競合が少ない郊外への転職を視野に!

 需要と供給のバランスを考えてみましょう。都心部にはたくさんの薬局が存在しており、薬剤師もたくさんいます。そのため、薬局の売り上げにしても、他店との競争が激しくなります。また、年収などの条件をつりあげなくとも、近隣に住む薬剤師の数が多ければ採用ができます。一方で、郊外には薬局の店舗数が少ないことから競合店が少なく1店舗あたりの売り上げが高くなる傾向があります。さらに、地方の方が薬剤師の確保に苦戦をします。人不足のため、給与をあげてでも採用をしたいと考えるので、地方の薬剤師の条件の方がよくなります。その良い例として、薬剤師経験のない新卒の採用でさえ、初年度年収600万以上が提示されることがあります。薬剤師の平均年収よりも100万近く高い設定ですね。
転職時の都道府県別の平均年収ランキングを見てみましょう。1位大分県677万円、2位山形県654万円、3位鳥取県613万円となり、地方エリアへの転職年収が高いことがわかります。(参考サイト:http://pcareer.m3.com/needs/data.htm ※対象者エムスリーキャリアのサービスを利用して転職をした薬剤師1253人)
 勤務地を柔軟にできるのであれば、エリアを広めて考えてみるのもひとつの手だと思います。また、店舗数が少ない薬局の方が、管理費が抑えられるので、薬剤師1人の給与が高くなるということもあります。

 

 

年収アップのためのコツ その3:成長段階のドラッグストアへの転職を視野に!

ドラッグストアでは、薬剤師手当が5万円〜10万円程支給されるところが多いです。そのため調剤薬局より給料が高い傾向もあり、平均550〜600円前後です。さらに昇格をして辞任管理などを含めた店長のポジションになると、700万円程度に昇給することもあります。一般の管理薬剤師よりも高めですね。
 ドラッグストアの中でも、業績が好調で新規出店を増やしているところが特に狙い目です。店舗拡大に合わせて、どうしても薬剤師を採用したいというケースにおいては、給与面を高めに設定してあることがあります。

 

年収アップのためのコツ その4:転職サイト(人材紹介)を上手に利用!

 上記は一般的な求人の特徴です。今のあなたのお住まいや、仕事のやりがいなどから一概に変えられない、という方もいらっしゃると思います。「今までの経験に近い仕事内容、立地で給与面をあげたい!」そう考える人には、転職サイトに登録をして専任のキャリアカウンセラーにベストな案件を紹介してもらいましょう。カウンセラーを通じて、給与面の条件交渉も可能です。