薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

MENU

収入を増やしたい

不況、6年制への移行、薬科大学の新設、登録販売者制度開始…。いま、薬剤師をとりまく環境は、大きく変化してきています。それに伴い、薬剤師の就職・転職も変化を迎える時期にきています。

 

規制緩和の影響により、売り手市場だった薬剤師という人材が、買い手市場になるといわれています。その中で生き残るためには、薬剤師は各々スキルを磨いていく必要があります。平均すると今は、調剤薬局勤務で年収400万円くらい、管理薬剤師になると年収600万円くらいです。ですがこれからはそれをキープすることすら大変になるかもしれません。

 

収入を増やしたいのであれば、調剤のスキルがあるだけではだめです。経営能力なども必要になってきます。普通に薬剤師として調剤できるだけでどんどん給料があがっていく時代ではないんのです。薬の基礎知識だけではなく、何か違った能力が要ります。例えばそれは、服薬指導する際にカウンセラー的役割をする、経営学を勉強して調剤薬局経営に生かす、などといったことです。

 

しかし、そういったスキルアップよりも、待遇の改善だけを求めて転職を考えている薬剤師がとても多いのです。毎日何時間もの時間を費やす仕事ですから、やりがいを見つけないと、どんなところへ転職しても、いずれまた転職…という無限ループに陥ります。そうなれば、いくら高収入の職場へ転職をしても、前の職場のほうが良かったなんて事態にもなりかねません。

 

現に、製薬会社のMRなどは高給であるにもかかわらず、調剤薬局に転職したりします。その理由はやりがいが無いとかストレスが溜まるなどといったものが多いそうです。今後の薬剤師求人事情を考えると、転職をとりまく環境は厳しくなります。ですが、やりがいを基準に転職すれば、その中でも薬剤師として生き残っていけるでしょう。

 

ですが、薬剤師の需要は、増加していくかもしれません。高齢化による医療のニーズ多様化、IPS細胞の研究が進んで新しい医薬品が増える、医療制度が改善され誰でも最先端の医療が受けられるようになる、などの新しい未来も見えています。なので、これから薬剤師に調剤以外の活躍の場が出てくる可能性も考えられます。現に、調剤薬局が在宅医療をはじめています。こういった風に、今までに無かった経営形態ができ、薬剤師の新たな雇用創出がなされはじめています。100%薬剤師が余るようになるとも、言えない状況ですし、もっと楽観的になっていい、といった意見もあります。