薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

MENU

薬剤師が転職する際、ほとんど方が薬剤師求人サイトを使ってます。

薬剤師が転職する際、ほとんど方が薬剤師求人サイトを使ってます。薬剤師求人サイトは、薬剤師求人を探すのはもちろん、コンサルタントに転職に対するアドバイスをもらったり、求人を一緒に探してもらうこともできます。薬剤師求人サイトを使うのであればぜひ、コンサルタントをフル活用してください。ですが、次に述べることを念頭において活用してくださいね。

 

転職の話が進んできたら、薬剤師求人サイトをそれひとつに絞りましょう。登録するときは、複数の薬剤師求人サイトに登録したほうが良いのですが、実際に話が進んだらほかのサイトでは求人を探さないようにしましょう。複数の異性と婚約して、結婚式ギリギリでひとりに選ぶ…ということがあり得ないのと一緒です。自分はかけもちできる!と思っていても、絶対にあとで面倒なことになります。

 

複数の転職サイトのメールや電話に対応しているととても疲れます。ひとつの転職候補が進んできたら、ほかのものを断りにくくなっていきます。

 

コンサルタントとはマメに連絡をとるようにして下さい。いい求人が提示されたらすぐにコンサルタントに返事をしましょう。そうすれば、すぐ面接の段取りを組んでくれます。逆に、紹介してくれた求人を断る場合も、早めに連絡しましょう。そのとき、ただ断るのではなく、その求人が合わない理由もつたえることが大事です。

 

そうしなければ合わない求人ばかり紹介されてしまうことにもなりかねませんし、転職する気がないと思われて積極的にサポートしてくれなくなります。間をとりもつのがコンサルタントの役割なのですから、断りにくいとか、気まずい、などと思う必要はありません。むしろ、乗り気でないままに転職活動を進めてしまって、すぐ辞めてしまう方が迷惑をかけてしまいます。

 

コンサルタントと話を詰めていると、なんでこんなことまで言わなければいけないのか、と思うこともあると思います。ですが、コンサルタントにとって希望条件や嗜好に合った薬剤師求人を探すために、情報収集はとても大事なのです。ですからコンサルタントには全てを相談しましょう。この薬剤師は何を考えているかわからない、と思われると、コンサルタントも何を紹介していいかわからなくなります。こちらがコンサルタントにオープンに接していれば、自分にぴったりな求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。コンサルタントと接するのに、遠慮はタブーです。自分のスタンスは常にはっきりさせておきましょう。