薬剤師転職求人サイト徹底分析!?比較・評判・口コミ・体験談・人気・ランキング?

MENU

面接は数をこなしていても緊張するものです

面接は数をこなしていても緊張するものですよね。ですが、業界内での転職の場合、履歴書に書くことや面接で聞かれる内容はおおよそ同じです。いわば、予測して臨める面接なので、きちんと準備さえしておけばそれほど恐れる必要はないのです。

 

これから面接をしよう、という方は、必ず必要となるものや、あれば良いものなどを前もって準備しておくことで、安心して面接を受けることができます。転職サイトを見れば、面接の仕方なども適切なアドバイスをしてくれます。

 

面接の前段階で、絶対に必要なのが履歴書です。この履歴書は、とにかく見本にそった「常識ある履歴書」を書くようにしましょう。携帯で撮った写真を貼っていたり、修正液を使っていたりするのは言語道断。志望の動機も、相手の企業をとにかく褒めればいいというものでもありません。自分自身の経験を転職先でどう生かせるか、自分が貢献できるものは何なのか、ということを必ず書くようにしてください。あなたが目指す薬剤師像や、実実現可能なことを履歴書でアピールしましょう。これだけでも、見る価値のある履歴書になります。採用の担当者はまず履歴書に目を通します。相手に失礼のない、きちんとした履歴書を書きましょう。

 

そして、次に大事なのが面接です。面接では、ある程度は質問されることが決まっていますので、しっかりと答えることができるようにできる限りの準備をしておきましょう。必ず自己PRは聞かれます。自分の良さを、事実に基づいてしっかりアピールしましょう。そして、みなさんが悩まれるのは転職の理由だと思います。他の職場で働いているのであればその「転職理由」、結婚や出産などで復帰をのぞんでいるのであればその「復職理由」、を答えられるようにしておきましょう。当たり前ですが、前職の悪口や不満などを言ってはいけません。「給料が低いから」や「人間関係が悪かったので」など、ネガティブな理由は口にしないようにしましょう。こんな理由を聞いてしまうと面接官は、「自分の会社も同じように言われるのでは?」と疑ってしまいます。ですから、面接官が納得できるポジティブな転職理由は必ず考えておきましょう。