薬剤師の転職の方法と流れ

MENU

薬剤師の転職の仕方と流れ

 

あなたは今の職場に満足していますか?期待通りの給与をもらい、充実した仕事ができていますか?薬剤師の転職率は一般の企業に比べて、高いといわれています。また転職回数が多い方も珍しくはありません。専門的な能力を持った薬剤師だからこそ、自分の望む環境を探して実現できる可能性も高いと言えます。では、転職に悩んだ場合どのように動いていけばいいのでしょうか?ここでは、そのノウハウと、他の薬剤師の方の転職動向をご紹介します。

 

薬剤師の気になる転職理由は? 

薬剤師が仕事で重視していることのベスト3は「1位給与水準」「2位仕事内容」「3位通勤時間・勤務地」です。そのため、転職理由として大きいのが、「給与アップの目的」や「仕事内容の充実感」「勤務地」などがあげられます。勤務地はわかりやすいですが、給与面や仕事内容の詳細などは、実際に詳しい情報を収集する必要があるので、自分だけで転職するには、難しい部分がありますね。信頼のできる知人や親族の紹介であれば別ですが・・・。こういった不明瞭な情報をいかに集めるか、が納得いく転職につながるポイントです!

 

スムーズな転職活動を進めるために考えたいこと

@転職時期を決めよう!
転職活動をするために考えるべきは、まず「いつ転職をするか?」です。漠然と「転職したい!」と考えていて求人情報を見てみても無駄な努力になることがあります。そもそも求人情報は流動性が高いもの。不動産物件と同じです。今募集がかかっている求人で気になるものがあっても、3ヵ月後にはなくなっているものも少なくありません。不動産も同じですよね。そこで、転職活動の期間のイメージをもちましょう。応募→面接→内定までの期間としては、1週間〜1ヵ月程度と考えましょう。応募求人の状況にもより、最短3日で決まるということもあります。内定後は、就職先を決めるまで3日〜1週間程度猶予があり(案件により異なる)、退職交渉→1〜2ヵ月後新しい就業先に入職となります。一般的に、4月入職を希望して、12月のボーナス支給後に退職をするケースが多いです。逆算をして、退職から3ヶ月〜半年程度前から動きだすのがいいですね。自分の職場の状況によっては、すぐに退職が難しい場合もあるので様子をみて動き出しましょう。

 

A転職情報サイト・人材紹介会社を有効に活用しよう
上記で紹介した給与面、仕事内容面などの改善を希望する転職の場合は、薬剤師の人材紹介・サイトを利用するのが賢い転職です。信頼のできる転職情報サイトや人材紹介会社を利用しましょう。医療分野に精通した紹介会社も多く、薬剤師の資格をもったキャリアアドバイザーがいるケースもあります。全国のたくさんの求人情報の中から、あなたの希望・条件に合致した案件を無料で紹介してもらえるので使わない手はありません。紹介してもらっても気に入らない案件は受けなくても大丈夫です。公開されていない非公開の案件を確認することはもちろん、将来的な給与の昇給例を確認できることもあります。自分の気になる情報を専任のカウンセラーからたくさん聞き出しましょう。

 

B退職交渉を覚悟して進めよう!
新しい就職先が決まったら、現在の就業先に退職の意思を伝えなくてはいけません。とはいえ、就業先としても薬剤師の転職市場が売り手市場の中で、あなたの後任を見つけるのも一苦労でしょう。そのため、退職の引きとめにあうことを覚悟しなくてはいけません。好条件の提示や泣き落とし、色々な手段を使って退職時に引き止めるケースも珍しくありません。実際に転職先を断り就業先に残るケースもありますが、提示された条件と異なり後悔するというケースもあります。一度転職を決めて退職交渉に踏み切った場合は、後を振り返らず覚悟して進めていきましょう。